0~3歳は基本的な運動機能の発達の時期です
この時期の運動とは、立つ、座る、運ぶなどの動き・動作といわれるものです

例えばお家でこんなことありませんか?
  ○ティッシュを次から次へと出す
  ○ママのカバンの中身を出したり、入れたりする
  ○キッチンの引き出しのものを全部出す
  ○何かの蓋をくり返し開けようとする
  ○なんでもつめこんでいく
  ○段差をみつけては繰り返しジャンプする
 
などなど
大人にとったら いたずら と思えるものが、実は
‘‘ひっぱる‘‘ ‘‘いれる‘‘ ‘‘まわす‘‘ などといった 動き(運動機能)を
獲得したいな~との思いが現れている活動なんです!!


子どもが強い興味を持って繰り返すときは
満足するまでさせてあげるのがおススメです
ただ、お家の中がぐちゃぐちゃになっちゃうかもなので、
コレならいいよ♪と、それに代わるようなものを用意してあげるといいと思います

くり返しさせてあげることで、何かができるようになるだけでなく
達成感や満足感を味わうことができます♪



そして、保育園ではそういった
子どもの姿から、遊びや環境を提供していますよ♪

少し小さい月齢の子が楽しめると思うのですが、
お休み中にこんなおもちゃを用意しました☆
IMG_7220
ひっぱってもひっぱても布


IMG_7219
出したり入れたり


これは
100均で売っている巾着の紐のところをゴムに変えてます
ふくろの底側は切って、ミルク缶にかぶせそこを両面テープではっています♪
こんなものや、空きティッシュケースに、端切れや
小さく切ったスポンジなどを入れたりすると
お家でもできそうです♪

少し大きい子には
500mlペットボトルに短冊状に切ったスポンジなどを入れていくだけの
あそびも結構集中して遊びそうです